ソフトウェアジャパン2016 ITフォーラムセッション

月日:2016年2月4日 9:30〜12:00
会場:一橋大学 2F中会議場1
ITフォーラムセッションという形でCITPのフォルダ及び関係者が集まり
CITP(認定情報技術者)の活動と役割について討論を行いました。
60名の会議室でしたが、満席となり、非常に盛況でした。
アンケートでも、ライトニングトークも含め好印象の回答が目立ち、まずまずの成功だったと言えるでしょう。
議事進行はこちらの通りです
使用した講演資料を以下に記載します。

※各資料の著作権は、講演者に帰属します。
スタートアップ「CITPフォーラムの意義と目的」
基調講演「CITP制度-発足の経緯と今後の期待-」
ライトニングトーク「CITP12名の提言」
パネル討論「CITPの現状と未来 ~社会価値創造への挑戦~」

<アンケート結果>
・ライトニングトークについて、約6割が非常によかった、約4割が良かったと回答あり 第1回目の取り組みとしては成功したと思われる
・過去の高度IT人材フォーラムの参加者が半分であり、新規参加率も増えてきているが、絶対数は少なく、さらなる認知度向上が求められる
・フリーアンケートでは、「CITPを取得するモチベーションが上がった、コミュニティに関わりたいという思いが強まった」という嬉しい意見があった。また、ライトニングトークでは、「CITPのバラエティの広さを感じ、今の専門にとらわれない幅広く・先を見たコミュニティ活動が期待できた」、というCITPの将来性をアピールできたと思われる。

参加者のプロフィール フォーラム全体評価 ライトニングトーク評価
sj16-図1 sj16-図2 sj16-図3

<当日の風景>

sj16-1 sj16-2

<ライトニングトークの様子>

発表者1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11 12
13

 

okada について

このブログの管理者です
カテゴリー: イベント パーマリンク

コメントを残す