ソフトウェアジャパン2017 ITフォーラムセッション

月日:2017年2月3日 9:30〜12:00
会場:一橋大学 2F中会議場1
ITフォーラムセッションという形でCITPのフォルダ及び関係者が集まり
CITP(認定情報技術者)の活動と役割について討論を行いました。
アンケートでも、好印象の回答が目立ちました。
議事進行はこちらの通りです
使用した講演資料を以下に記載します。

※各資料の著作権は、講演者に帰属します。
・CITPフォーラムの活動と価値創造を担う人材の要件
・CITPによる社会価値創造への挑戦
・日本を元気にする「攻めのIT」
・超スマート社会への人材面の課題とCITPの役割
・小学校段階におけるプログラミング教育とCITPとの連携

<アンケート結果>

活動と価値創造を担う人材の要件 CITPによる社会価値創造の取組み 日本を強くする「攻めのIT」
zinzai_youken kachi_souzou semeno_it
超スマート社会への人材面の課題とCITPの役割 小学校段階におけるプログラミング教育とCITPとの連携 パネル討論
zinzai_kadai syougakkou paneru_touron
フリーアンケート:
・具体的な課題に対してIT人材として何ができるかということを事例で話されていたので
 関心を持って聞けた。
・皆様の御努力で方向性が定まってきたと思います。
 今後に期待がふくらむ内容でした。
・コミュニティで様々な活動が行われていることを知ったのは有益でした。
 成果に期待しています。
・色々なことを知る良い機会となりました。ありがとうございました。
・SEの今後に関連する重要なキーワードがたくさん出て興味深いフォーラムでした。
 すべてが前向きになれるお話しでした。
・最後のセションのパネル討論のみの参加となりましたが、人とのつながりの中で
 コミュニティのもつ役割は重要かと思います。今後のAI時代の中、教育、人材交流は
 「考える葦」としての人間の基調な価値であると考えます。
 正しいアーキテクトの提案を期待しています。

 

okada について

このブログの管理者です
カテゴリー: イベント パーマリンク

コメントを残す