小学校プログラミング教育への考察 ~夏休みの宿題で感じたこと~

著者

(株)中電シーティーアイ 宮下 修

キーワード

プログラミング教育, 新学習指導要領, Computational Thinking, 習い事

概要

小学校のプログラミング教育が2020年度から必修化される。最近のプログラミング教育の関心の高まりからか、テレビ、インターネット、書籍等いろいろな場面で見聞きすることが多くなってきている。本稿は、筆者の小学生の子供に初めてプログラミング(Scratch)を触れさせたときの状況や、そこで感じた気づきを紹介し、教育制度や教育現場の現状、環境整備の必要性など、各種情報を基に考察する

CITP_report2017_04_miyashitaのサムネイル

小学校プログラミング教育への考察 ~夏休みの宿題で感じたこと~

CITPアニュアルレポート2017の全編は、こちらで入手できます。

カテゴリー: report, report2017 パーマリンク

コメントを残す